観光スポット

地域名

淄博 Zibo

淄博は、山東省における重要な遺跡都市です。北辛文化、大汶口文化、および龍山文化等の3つの新石器時代の遺跡が発見されたほか、西周時代より斉の国の首都となり、数百年もの間一貫して斉の政治、経済、文化の中心都市として前漢前期まで発展し、その規模は長安に勝ると言われています。

検索結果

並び順:

聊斎城 (Liaozhaicheng)

聊斎城は、聊斎(蒲松齢の号)の物語をテーマにした集合式庭園観光区で、中国史上最も怪奇譚に長けた者といわれた蒲松齢の故郷である淄博市淄川区蒲家荘にあり、山東省五大観光風景区の一つに挙げられています。総敷地面積千ムー(約67ヘクタール)、1.6...詳細を見る >

周村古商城 (Ancient Business Plaza of Zhoucun)

周村は、封建社会後期、経済転換の中で発展した手工業商業村で、明清時代には中国北方の重要商業地区となり、「天下一の村」と呼ばれます。周村古商城の主な街道は「大街」ともいい、周村で最も大きく、最も古い商業街で、明の永楽年間、西暦1410 年頃に...詳細を見る >

東周殉馬坑

東周殉馬坑は春秋時代の斉国君主の墓で、現在までに大、中型の墓20基以上が発見され、そのうち5号墓が大規模な殉馬坑になっています。坑道は西安にある秦の兵馬俑、徐州の漢兵馬俑と並んで、中国三大殉馬遺跡と称されますが、東周殉馬坑の馬は副葬用に殺し...詳細を見る >

臨淄中国古車博物館

車と馬は、中国古代における陸上の主要交通手段でした。3Aグレード観光区に属する中国古車博物館は、後李文化の遺跡にあり、春秋車馬展示ホールと中国古車陳列館の二つからなります。車両輸送の長い歴史や造車技術の展示が揃い、中国で初めて車馬遺跡と文化...詳細を見る >

蒲松齢記念館

淄博市淄川区の洪山鎮蒲家荘にある蒲松齢記念館は、蒲松齢の故居でもあります。有名な文人である蒲松齢は、明代の末、清代の初めの動乱期に生き、家が貧しかったために波乱の人生を送り、労働者とのつながりが深かったことから、長期にわたり探し集めた民間伝...詳細を見る >