観光スポット

地域名

泰安 Taian

泰安は個性豊かな観光資源に恵まれ、華夏精神文化を象徴する泰山があります。泰山は、「岱山」、「東岳」とも呼ばれ、主峰は標高1,545mあり、「五岳之首(5山のトップ)」、「天下第一山(天下一の山)」と讃えられています。

検索結果

並び順:

肥城桃木工芸 (Feicheng Peach Wood Craft)

桃の木は木目が美しく、変形しにくい上、桃の木は魔除けになるという考えが広く流布しているため、中国の民間文学や信仰において、極めて重要な位置を占めています。数千年の昔から、桃の木は魔除けと家内安全になるとされており、『典術』には「桃木は五木の...詳細を見る >

中国肥城桃木観光商品城 (Feicheng Peach Wood Craft Plaza)

「桃」は中国の民間文学や信仰において、極めて重要な位置を占めています。桃の木は古来より魔除けになるとされているため、数千年にわたって独自の桃文化が形成され、中国の吉祥文化の重要な一部となってきました。 桃文化で有名な肥城は、10万ムー(約6...詳細を見る >

肥城桃狩り (Feicheng Picking Peach)

山東省肥城市は中国の桃の四大産地の一つであり、肥城産であることから「肥桃」と呼ばれ、別名「仏桃」ともいう桃は、大きくて果肉が柔らかく、果汁が多くて甘いと国内外で有名です。ミネラルやビタミンを豊富に含み、一個当たりの重量は300g以上、最大9...詳細を見る >

玉皇頂

碧霞祠の北面にある玉皇頂は、泰山主峰の最高峰で、頂上に玉皇廟があることからこの名が付きました。玉皇頂近くには「五岳独尊」の四文字が刻まれた大きな石碑が、辺りを睥睨しています。玉皇廟の前の平台には、字が刻まれていないため「無字碑」と呼ばれる背...詳細を見る >

碧霞祠

岱頂の天街と大観峰の間にある碧霞祠には、泰山の女神、碧霞元君が祀られ、女性や子どもの庇護に霊験あらたかとされています。西暦1009年に建てられた碧霞祠は、壁に「万代瞻仰」と書かれ、明代の建築規模や銅の鋳造品を完全に残した見事な建築で、建築主...詳細を見る >

唐摩崖

泰山には2200以上もの刻石・石碑があり、「中国摩崖刻石ミュージアム」といわれるほど、優れた石刻芸術の宝庫となっています。泰山の壮麗さと歴史に、多くの文人が惹きつけられ、詩や文章に書いたため、多くの作品が残されています。山裾から登ると道々に...詳細を見る >

拱北石

玉皇頂の東側にある日観峰に、北の方へ斜めに突き出している巨石があり、この石が拱北石で、その形が海を探っている様子に見えるため、「探海石」ともいいます。鋭い剣が空に突き刺さっているようなこの石は長さ10m、幅3.2m、厚さ1.5m、泰山の有名...詳細を見る >

天街

泰山の頂上にある天街は、西は南天門から、東は碧霞祠まで続く、全長六百メートルの石畳の歩道で、南天門を通り、数十段の階段を上ると、天街に着きます。広々とした天街の片側には、山に沿って建てられたレトロな趣の店舗が並び、泰山の特産品や記念品、祭祀...詳細を見る >

泰山風景名勝区

泰山は標高1545m、道教の聖地である五岳の長であり、「五岳独尊」とも言われています。古来より、歴代の皇帝が巡狩・祭祀に訪れ、豊富な文化遺産が残されています。泰山観光は一般に、十八盤から徒歩で南天門に登りますが、中天門からケーブルカーに乗る...詳細を見る >

天貺殿

仁安門の北側にある天貺殿は、岱廟の主体建築物で、宋の真宗年間に建てられ、約千年の歴史があります。皇帝の宮殿しか使用できない「九五之制」の建築形式を用いて、殿内に奉納された泰山神霊を守っており、周囲を石碑に囲まれ、美しい装飾で「華夏名山第一廟...詳細を見る >

東御座

漢柏院の北側にある東御座は、かつて皇帝の休息場所だったところで、ひっそりとした佇まいの四合院です。1985年、泰山の文化財を展示する陳列室として改造されました。 正殿には清宮の設置に倣って腰掛、椅子、棚、机など紫檀の古木家具や大理石の飾りが...詳細を見る >

漢柏院

岱廟漢柏院内は多種類の木々が植えられ、石碑が点在しています。その中でも漢柏、唐槐は最も代表的な木です。漢武皇帝が自ら5株の漢柏を植えたと言い伝えられています。 木の形は独特で、2株の木の根がねじり合っている「漢柏連理枝」があります。西側の木...詳細を見る >

岱廟

泰安市街の北部、泰山の南麓にある岱廟は、泰山を訪れる観光客の最初の見所です。古くは「東岳廟」又は「泰山行宮」の名があり、俗に「泰廟」と呼ばれ、「岱」が泰山の別称であることから、現在では「岱廟」の名に統一されています。岱廟は漢の時代より、歴代...詳細を見る >