山東省の観光~中華文化に名を残す山東省を巡る~

山東省の年度イベントを訪問 秋季編

一年四季を通して山東省には様々な祝賀行事・祭りがあります。特に、秋空が高く澄みわたるさわやかな季節に行われる泰山と孔子の誕生日を中心とした2大祝賀行事は、歴史・文化の重要な活動と言うことができ、その厳粛さや荘厳さは、人々に様々な想いをもたらします。秋に山東省を訪れ、文化の深みを感じる旅人となること、これが山東省と縁を結ぶ最高の理由です!

百年の芳醇を飲み尽くす 煙台張裕国際葡萄酒節(=煙台張裕国際ワイン祭り)

煙台市は、中国で最も早くワインを生産した場所であるだけでなく、アジアで一、二を争うワインの里でもあり、「国際ワイン都市」の称号を得ています。

煙台のワインが発展した百年の物語は、即ち、張裕葡萄酒醸酒公司の発展の軌跡です。張裕葡萄酒は1892年に創業されました。創業者・張弼士は、正真正銘の紅頂商人(=企業経営と党や政府機関の要職を兼務する人)で、ビジネスに対するその敏感な嗅覚や俗世を超越した高尚な品位と優れた醸造技術、さらに財力や手腕を持った政財界の人脈を加え、国際的なマクロ志向を見据えて、「張裕」ワイン百年の基礎を打ち立てました。醸造したワインは、西洋と中国の血が混ざっているだけでなく、西洋のものよりも優れたところがあり、中国八大名酒に数えられています。世界中で販売され、その勢いは現在に至っても衰えていません。

煙台張裕国際ワイン祭り
日時:9月7日から10日まで
場所:煙台市
専用電話:+86-535-6246929

十八盤(=泰山登山で最も険しい場所の1つ)の魅力 泰山国際登山節
(=泰山国際登山祭り)

秋空が高く澄みわたったさわやかな気候は登山にピッタリの季節です。9月上旬に泰山に観光に来ることができるなら、きっと「泰山国際登山祭り」の盛況さに心を打たれるでしょう!たくさんの人や馬が秦代の服装を纏った姿や、厳粛で整然とした風貌で始皇帝を取り囲む青銅の馬車、無限の威光を放つ秦の始皇帝の泰山封禅大典がいきいきと展開されるのを目の前で見ることができます。いわゆる「封禅の儀」は、中国古代の帝王が泰山で行った祭祀儀式で、「封」は泰山上で祭壇を築土して天を祀り、天の功に報いることを指します。「禅」は、泰山の下の小山を鋤き返し、地の功に報いることを指します。「封禅の儀」は盛大な儀式であるため、天下泰平で、国が富み栄えていなければならず、その時に初めて封禅大典を実施します。72代の君主・帝王が封禅泰山の儀式を行ってきたと伝えられており、明・清代に至ってから封禅を祭祀に変更し始めました。

泰山は、世界自然遺産と文化遺産の2つの世界遺産に登録されています。「泰山国際登山祭り」の主要なイベントは、中国人が目を丸くする大型の封禅パフォーマンスや、国際登山家に大人気の国際登山競技で、泰山の唯一無二の特徴を十分に発揮しています。

泰山国際登山祭り
日時:9月6日から10日まで
場所:泰安泰山市
専用電話:+86-538-6991765

曲阜国際孔子文化節(=曲阜国際孔子文化祭り)

曲阜は孔子の故郷で、孔子を祀る歴代の重大な式典は曲阜の孔廟で行われてきました。現在、孔子を祀ることは、孔子関連の文化や観光と融合して盛大な「曲阜国際孔子文化祭り」となり、曲阜の秋のイベントになっています。「三孔」― 孔廟、孔府、孔林はすでに世界文化遺産に登録されており、濟寧一帯にはさらに孟子、曾子、神農、黄帝、少呉の遺跡があり、いずれも中国文化に関わる起源の地であり、文化的価値は極めて高いです。

「曲阜国際孔子文化祭り」の主要なイベントは、9月28日の孔子生誕の日に孔子を祀る盛大な儀式で、古代を模した厳粛で優雅な「祭孔楽舞(=孔子が亡くなってから歴代の皇帝などが孔子を祭る儀式の際に用いた専用の歌舞音曲)」の大型パフォーマンスや、孔子学術思想討論会、孔子に関する各種展覧、さらに「六芸」―礼、楽、射、御、書、数(=徳育、内面を含めた美育、弓術、スポーツ・労働、文化・知識、数学)をテーマとした観光体験イベントなど、特色に富んでおり、試してみる価値があります。

曲阜国際孔子文化祭り
日時:9月26日から10月10日まで
場所:濟寧市曲阜
専用電話:+86-537-4414789